月別
カテゴリー

ちゅう茶 アルコールとお茶のいい関係

image2

茶は養生の仙薬なり。

昔からお茶は酒毒を消すと言われているように、お茶の解毒作用で悪酔い、二日酔いが軽減されるのではないかと考えられています。

お茶に含まれるカフェインの穏やかな興奮作用が肉体の疲労回復を促し、精神を安定させビタミンCがそれを助ける働きをします。

【お召し上がり方】

  1. グラスに焼酎をお好みの量に注ぎ、ちゅう茶を一袋(3g)加えます。
  2. マドラーなどで混ぜ、茶葉が少し開くのを待ちます。(約1分)
  3. お湯または水と氷をゆっくり混ぜながら入れます。そのままの茶葉で2〜3杯召し上がられます。

【お湯の温度目安】

60〜80℃
冬は70〜90℃

【ワンポイント】

茶葉は高温のお湯を直接入れますと苦味がでます。先に焼酎を入れ茶葉の旨味成分が出やすいようにするのがコツです。

ちゅう茶お申込みフォームはこちら